受け継いだのは 「飛騨の匠」の技術と美意識。
飛騨高山の職人にしか つくれない家具がある。

ここ、飛騨高山で家具をつくることは、
職人にとって特別な意味をもちます。
それはこの土地が、家具づくりのなかでも
いちばん難しいとされる「脚もの」の産地であり、
この土地で働く職人たちが、
「飛騨の匠」の伝統を受け継いでいるから。

飛騨の匠は1300年前より都に上り、
以来500年間、平安京や平城京、法隆寺や
東大寺など造都・造宮に従事してきました。
長い年月をかけて培われた高度な技術と
深い木材知識、繊細で優美なデザインへの造詣。
それらはこの土地にしっかりと受け継がれ、
町家や高山祭の屋台、春慶塗などの匠文化、
ひいては私たちのアイデンティティとして定着しました。

「飛騨職人の技を学びたい」
志ある若者が今日も全国各地から集まってきます。
飛騨の家具。それは単なるブランドではありません。
代々続く伝統であり、技術と美意識の粋であり、
私たちの誇りなのです。

受け継いだのは
「飛騨の匠」の技術と美意識。

飛騨高山の職人にしか
つくれない家具がある。



ここ、飛騨高山で家具をつくることは、
職人にとって特別な意味をもちます。
それはこの土地が、家具づくりのなかでも
いちばん難しいとされる「脚もの」の産地であり、
この土地で働く職人たちが、
「飛騨の匠」の伝統を受け継いでいるから。



飛騨の匠は1300年前より都に上り、
以来500年間、平安京や平城京、法隆寺や
東大寺など造都・造宮に従事してきました。
長い年月をかけて培われた高度な技術と
深い木材知識、繊細で優美なデザインへの造詣。
それらはこの土地にしっかりと受け継がれ、
町家や高山祭の屋台、春慶塗などの匠文化、
ひいては私たちのアイデンティティとして定着しました。



「飛騨職人の技を学びたい」
志ある若者が今日も全国各地から集まってきます。
飛騨の家具。それは単なるブランドではありません。
代々続く伝統であり、技術と美意識の粋であり、
私たちの誇りなのです。